AT-50 に AT-30のポンプ流用。

ニオイガメのリリコ(雌)にテトラのAT-20を使用していますが、リリコの代謝が上がるにつれポンプの非力さが目立ち

すぐに流量が落ちてしまうのと、濾過槽の狭さからAT-20はリリコには限界ということでAT-50を引っ張り出してきましたがポンプが動きません。

このままAT-20ってのもなんなんで、セット水槽の付属で付いてきたAT-30の存在を思い出し

P4190075.jpg
左AT-30

AT-20と比較すればAT-30の濾過槽が広く感じますが、AT-50と並べるとかなり違います。

ポンプと本体のジョイント部は、AT-20は、かなり細く、AT-30と50は同径と思っていましたが若干30の方が細かったのですが、何とか。

P4190077.jpg

後は、純正濾材はサイクルが短いので定番の濾過槽改造のため100均でまな板を入手。

P4190078.jpg

チャッチャッと工作して完了です。



撮影機材 :  OLYMPUS TG-2 Tough
    

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへ   
クリックで変動するランキング参加してます。 
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

すごく綺麗にジョイントできていますね!
AT-20はろ過層が小さいですよね。
ポンプは静かなので、AT-30のろ過層にAT-20のポンプをつけようかと考えたことがありました。
ジョイント部分はゴムホースかなにかですか?

45F さん。

ありがとうございます。
ジョイントのラバーはAT-50付属の物です。
AT-30のポンプ初めて使用しましたが、
確かにポンプの音はAT-20より大きいですね。
Sponsored Link
カウンター
最新記事
カテゴリ
プロフィール

evicco

Author:evicco
ポリプテルス,えび,ニオイガメ,レオパードゲッコー飼育上の奮闘&カメラ、写真などを紹介しています。
リンクフリーです(写真転用不可)。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ