ニオイガメ ベビーの雌雄見分け。

ついこの前まで、メスの多頭飼いを望んでましたが
クリーパーを読んで余り関心の無かった繁殖に興味がかなりわいてしまい。

その場合アダルトのペアを入手すれば手っ取り早いと思いますが、私は小さい頃から自分で育てた子の繁殖がしたいという気持ちなので。

ガルフ入手の時15匹いたBABYの中から甲羅模様と尻尾の長さで決めて、店員さんにも雌雄判読はこのサイズでは1/2の確率と。

その後は、時間があればガルフをガン見して観察し、豊田市に行った帰りに立ち寄った、は虫屋さんで聞いたことのあるブリーダーさんのBABYがいて、ガルフとは明らかに違う甲羅色と皮膚の色に惹かれ、決めた決定的な理由はガルフと、尾の形状(付根の太さ)・排泄孔位置の違いでした。
ここでも、雌雄の判読は無理ですね~と。

baby.jpg
左:ルキア 右:ガルフ
どうでしょう?

どっちがどっちって事もわかりませんが(私の中では多分こっちがメスと思っていますが言いません)、同姓(オス×2は、まず無いと思っていますが(汗;)であろうと異性であろうと大切に育てますので、どう変化して成長していくのかほんと楽しみです。


撮影機材 :  LUMIX DMC-FT3
    

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへ   
クリックで変動するランキング参加してます。 

関連記事

コメント

非公開コメント

Sponsored Link
カウンター
最新記事
カテゴリ
プロフィール

evicco

Author:evicco
ポリプテルス,えび,ニオイガメ,レオパードゲッコー飼育上の奮闘&カメラ、写真などを紹介しています。
リンクフリーです(写真転用不可)。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ