生物多様性 外来スイレン対策・調査。

朝は雨が激しかったので中止かと思っていましたが、集合時間の午後には晴れて子供と参加してきました。

内容は外来スイレンを誰かが放ちそれが生育し、外来スイレンは生育が早いため、在来種のヒツジグサやイヌタヌキモ、ガガブタ等の生育が阻害されているため現状の調査と対策です。

山道を歩き
P1290404.jpg

現地到着。
P1290406.jpg

今は渇水しているため、普段水があるところに簡単に行けて、このように外来スイレンが生えてました。
P1290408.jpg

私のうちでも育成している、ガガブタも所々見ることが出来ましたがほとんど外来スイレンで、ボーイスカウトの子達も参加して対策の除去作業が始まりました。
P1290407.jpg

私は当然胴長靴を着用し、深場での作業をしたため写真はここまでしかありません。

大変な作業でした。

土が粘土のため泥の中のれんこん堀より過酷で、しかも土中で芋が腐っていて臭かった。

外来スイレンは種からも増えるし、掘ってみて解りましたが、芋が横に横に延びていて、ガガブタはバナナプラントみたいな根のため、生育が脅かされているのが解りました。

除去した外来スイレンを袋に入れ運びましたが、泥も付いてたこともあり重かったドックフード大袋3つ分ぐらいで。

今日の作業で除去したのはほんの1部なので、効果はしれていますが、子供達は生態系についていい勉強になったと思います。

作業後、私の手は芋からデンプンが出たのか紫に染まり爪は真っ黒、いい1日でした。



撮影機材 :  LUMIX DMC-FT3
    

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへ   
クリックで変動するランキング参加してます。 

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんばんはー
凄く理解がある団体?活動があるんですねー
温帯スイレンですか
持ち込んだ人枯らしたくなかったのか、スイレンの花を見ようと思ったのか・・・

種が付いちゃうとホントもう根絶は難しそうですね><
種の寿命って長いんじゃないかな;;

逃がすのは楽だけど絶やすのはホント時間掛かりそうですね・・・今回はお疲れ様です

ちびえびさん。

おはよー。
なごや生物多様性センターが行っているもので、池干しとか生物調査など企画されてます。

今回参加してきましたが、実際この広さの池での根絶は土を入れ替えない限り無理だと思いました。
ちびえびさんの仰るとおり、逃がすのは楽だけど絶やすのは大変です。
特に命あるものを処分するというのは・・・。


Sponsored Link
カウンター
最新記事
カテゴリ
プロフィール

evicco

Author:evicco
ポリプテルス,えび,ニオイガメ,レオパードゲッコー飼育上の奮闘&カメラ、写真などを紹介しています。
リンクフリーです(写真転用不可)。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ