G-SHOCK修理完了で、またショックです。

 思っていたより、早くG-SHOCKが修理から戻ってきました。

今の時期、無いと不敏だったので早速開封。


丁寧に包んであり、


お帰り。
と思い時計を見ると、ちゃんと動いてる。

保証があって良かったと腕にはめ、まじまじと眺めるとガラスの内側の文字盤に埃が入っているではないですか!

本体が黒なので結構目立つ。

ある人が、古いタイプのG-SHOCKを修理に出したときにCASIOに修理は2度とださんと、言っていたのをふと思い出しましたが、
私の場合動いているからまあいいかてきな考えもあったのですが。

ROLEXをオーバーホールに出して、内部に埃が入って戻ってきたと言う話は聞いたことないし・・・、
G-SHOCKは玩具的な時計と割り切るか。
でも新品の時計で埃入りなんて見たことないし、ガラス内面の汚れも気になるし、今なら保証もあるし埃を取ってもらえるなら再度出すか。
でもひょっとしたら今より多く埃が入って戻ってきたら?

とか色々葛藤しましたが、時計の修理やる位の人だったら目も肥えていると思うので信用して再び出すことにしました。

修理受付の人に詳細を話し、再びお別れです。
CASIO職人さんの腕が楽しみです。

でもいつ直るだろ?

撮影機材 :
Canon IXY 2000is
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ    
  ランキング参加してます。 
関連記事

コメント

非公開コメント

Sponsored Link
カウンター
最新記事
カテゴリ
プロフィール

evicco

Author:evicco
ポリプテルス,えび,ニオイガメ,レオパードゲッコー飼育上の奮闘&カメラ、写真などを紹介しています。
リンクフリーです(写真転用不可)。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ