野生 ニホンイシガメ 、 ニホンカモシカ。 

ここ数日間、山にこもっていました。

思ったのが、やっぱ自然はいいです。

特に野生の動植物を見ると、何かわいてくるものがあります。

野生の彼岸花
P1000481.jpg

川をのぞけば、いわゆるWC個体のニホンイシガメ。
P1000625.jpg
何匹かみかけましたが、この子オレンジが綺麗で連れて帰ろうか、かなり迷いましたが、川で見ると子ガメで小さく感じましたが、手に取ると10cm以上はあり、この子メス個体なので飼う場合スペース確保も大変だし
今は、カブトニオイガメががいるのでと自答し・・・。
自然に戻しました。
この子はここにいた方が幸せでしょう。

うちのカブニのバブルス、最近大きいなと思ってましたが、まだまだベビーでした。

山ではよく見かける、カモシカも山に食べるものがないのか、人家辺りをうろついてました。
DSC00119-1.jpg
よく見ると、この時期にしては痩せてて、まだ子供のようです。

いつも夕方までいるので、帰りは夕焼けに向かって家路についてます。
P1000554.jpg



撮影機材 :  LUMIX DMC-FT3 : SONY DSC-HX5V
    

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへ   
  ランキング参加してます。 

NIKON レンズ裏ぶたLF-1,LF-4比較。

知人から、比較して欲しいとリクエストがあったので紹介します。

たまたま、両方所有していたため比較してみました。

Nikonレンズの裏玉側のカバーで、旧タイプがLF-1で新がLF-4です。

まず正面(左LF-1,右LF-4)。
DSC_0746.jpg
正面からはデザイン、素材の違いが解ると思いますが、LF-4は上部やや左に突起を持たせ握りやすくなってます。
後、Fmountと記載、後に出る1mountとの区別化だったのでしょうか。

裏側(左LF-1,右LF-4)。
DSC_0744.jpg
レンズ密着部の縁取りがLF-4は太くなっており、レンズカバー率が多くなってます。

そのおかげで、LF-4は本体カバーと合わせるとCanon機のように、ぴったり合わさります。
DSC_0749.jpg
LF-1は合わさりますが、ぴったりでないのでガタガタします。

素材も調べたら、LF-1は樹脂製で、LF-4はポリカになり、カバーからのチリ対策もしてる様です。

撮影機材 : NIKON D7000 NIKKOR 18-105mm VR

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへ   
  ランキング参加してます。 
Sponsored Link
カウンター
最新記事
カテゴリ
プロフィール

evicco

Author:evicco
ポリプテルス,えび,ニオイガメ,レオパードゲッコー飼育上の奮闘&カメラ、写真などを紹介しています。
リンクフリーです(写真転用不可)。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ